レゾナンスバーチャルオフィスは「起業にチャレンジ!」の力強い味方

レゾナンスバーチャルオフィス

起業したいけど、いるいろあるバーチャルオフィスの選択でお悩みではありませんか?

レゾナンスバーチャルオフィスなら、初期段階は費用を抑えて必要な仕様を格安で、将来的に必要なサービスを追加して強力なバーチャルオフィスにと、起業にチャレンジする方の力強い味方になります。

この記事では、レゾナンスバーチャルオフィスの特長を3つのポイントからまとめ、なぜ力強い味方なのかを解き明かしてみました。

バーチャルオフィスの選択にお役立てください。

目次

レゾナンスバーチャルオフィスを一言で表現すると

力強い味方

レゾナンスバーチャルオフィスを一言で表せば、

『起業にチャレンジする方の力強い味方

というのが適切です。

誰でも、起業の初期段階ではコストを抑えたい、でも最低限必要なことや時間を効率的に使うためなら、多少の投資はやむを得ないと思うのではありませんか?

レゾナンスバーチャルオフィスは、起業の初期段階で不安いっぱいの方を、以下のような観点からバーチャルオフィスというサービスで支援してくれます。

  • 必要仕様がともなった格安バーチャルオフィス
  • 幅広いユーザーニーズに対応
  • 安心の高いサービス品質

必要仕様がともなった格安バーチャルオフィス

格安バーチャルオフィスはいろいろありますが、その一部分だけみて格安であったとしても、いざ利用してみると、付加的な費用がかさんで格安ではないというのでは、じっくりと起業する方にとってメリットはありません。

すなわち、「必要仕様がともなった格安」であることが、重要なポイントになります。

レゾナンスバーチャルオフィスは以下の点で、必要仕様がともなっているといえます。

  • 一等地のアクセスの良い住所が借りれる
  • 月額料金が安く、固定費が抑えられる
  • 登記が可能
  • 郵便物の店舗受け取りが可能

一等地のアクセスの良い住所が借りれる

レゾナンスバーチャルオフィスでは、以下の住所を選ぶことができます。

首都圏には限られますが、ビジネスを始めるには人気エリアの住所で、最寄り駅からのアクセスが良いことがわかります。

店舗住所アクセス
浜松町本店東京都港区浜松町2丁目浜松町駅より徒歩3分
大門駅より徒歩2分
銀座店東京都中央区銀座1丁目東銀座駅より徒歩3分
新富町駅より徒歩3分
渋谷店東京都渋谷区神宮前6丁目渋谷駅、原宿駅より徒歩8分
明治神宮前駅より徒歩5分
新宿店東京都新宿区西新宿3丁目新宿駅より徒歩10分
都庁前駅より徒歩7分
横浜店神奈川県横浜市西区北幸2丁目横浜駅より徒歩4分
レゾナンスバーチャルオフィス店舗 住所およびアクセス

なお、2022年10月1日にオープンした「R-INNOVATION銀座店」がありますが、これはネットショップ運営者向けに特化した店舗です。

店舗住所アクセス
R-INNOVATION銀座店東京都中央区銀座銀座駅より徒歩6分
R-INNOVATION銀座店 住所およびアクセス

月額料金が格安

レゾナンスバーチャルオフィスには3種類のサービスプランがあります。

プラン名月額(税込)備考
バーチャルオフィス1年払いコース 週1回転送プラン1,650円登記可
バーチャルオフィス1年払いコース 月1回転送プラン990円登記可
ネットショップ住所貸しプラン550円登記不可
レゾナンスバーチャルオフィス サービスプラン

2つのバーチャルオフィスプランは、両方とも登記できるようになっており、個人事業主とともに、法人化も見据えて起業される方すべてを対象にしています。

特筆すべき点としては、個人事業主でも、法人でも屋号が1つ登録できることです。

これにより、郵便物が個人名宛でも、屋号宛でも、どちらでも受け取りしてもらうことができます。

また、個人事業主契約から法人契約への切り替えは、即日無料ですので、安心してビジネスを拡大することができますね。

全店舗で郵便物の店舗受け取りが可能

ネットショップ運営者向けに特化したR-INNOVATION銀座店は別として、レゾナンスバーチャルオフィスは、全店舗で郵便物の店舗受け取りに対応(バーチャルオフィス1年払いコース 週1回転送プランのみ)しています。

郵便物がほぼないと想定される場合は、月額990円の「バーチャルオフィス1年払いコース 月1回転送プラン」で良いわけですし、あるとするならば、「バーチャルオフィス1年払いコース 週1回転送プラン」にして、必要に応じて店舗受け取りにすることができます。

起業してビジネスを始めると、本店住所を公開することから、当然のことながら郵便物がくることがあります。

この郵便物には、本当に必要なものの他に、単なるアンケート調査や販促のDM資料といったものも含まれることが多いものです。

すべて転送すると、郵便転送費がバーチャルオフィスの月額利用料を上回ってしまい、せっかくの格安が格安でなくなるという本末転倒な事態となりますので、店舗受け取りを上手に使えると良いでしょう。

利用者の幅広いニーズに対応するレゾナンスバーチャルオフィス

利用者の幅広いニーズに対応

レゾナンスバーチャルオフィスでは、住所と郵便という基本パターンのサービスに加えて、11種類のオプションサービスが用意されています。

  1. 郵便物都度転送
  2. プライベートロッカー
  3. 転送電話(着信のみ)(03・045・050)
  4. 貸出し番号発着信(発信及び着信)(03・045・050)
  5. 電話秘書代行
  6. 電話秘書代行内線取次
  7. 共有FAX
  8. 専用FAX
  9. フリーダイヤル
  10. 報告オプション
  11. 屋号追加

必要に応じてそれぞれのオプションを組み合わせることによって、ライトニーズからヘビーニーズにまで幅広く対応しています。

安心の高いサービス品質

安心の高いサービス品質

レゾナンスバーチャルオフィスは、不特定多数から検索されないよう住所詳細が非公開であったり、全店舗スタッフ常駐で急な来客対応をお願いできたりすることができます。

さらに会員専用サイトやアプリで郵便物の写真が転送されるなど、痒いところに手が届くサービスです。また、ホームページや動画で、店舗の内観ができるなど、透明性の高いサービスとも言えます。

  • 住所詳細は非公開(会員限定)
  • ホームページ【レゾナンス】での案内が親切。動画でも店舗の内観ができる
  • 全店舗スタッフ常駐
  • 郵便物の写真転送あり(会員専用サイト、会員専用アプリ)
  • レンタル会議室あり

レゾナンスバーチャルオフィスのデメリット

レゾナンスバーチャルオフィスのデメリットは、店舗が都内および横浜のみという、狭いエリアにとどまっていることでしょう。

2016年サービス開始時の利用社数 391社から、2022年度には利用社数 14,123社と急成長していることから、今後対象エリアが拡がることに期待します。

レゾナンスバーチャルオフィスで、起業にチャレンジしてみませんか?

起業にチャレンジ

必要な仕様がともなった格安バーチャルオフィスとして、レゾナンスバーチャルオフィスはおすすめです。

長い間利用するものですから、安心できるバーチャルオフィスを選びたいものですね。

  • 必要仕様がともなった格安バーチャルオフィス
  • 幅広いユーザーニーズに対応
  • 安心の高いサービス品質

レゾナンスバーチャルオフィスの特長を生かした、自分だけのオフィスで起業してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次