個人事業主が選ぶべきサブスクはコレ!失敗しないための比較ポイント

サブスクリプションサービスを利用するビジネスマン

「個人事業主になったけど、経費がかかりすぎる…」

「日々の業務に追われて、もっと効率的に働きたい…」

そんな悩みを抱えているあなたへ。

この記事では、個人事業主の強い味方であるサブスクリプションサービスを徹底的に解説します。

面倒な作業を自動化して時間を生み出し、ビジネスを成長させるためのヒントが満載です。

この記事を読めば、あなたにぴったりのサービスが見つかり、明日からの仕事がもっと楽になること間違いなし!

目次

個人事業主がサブスクリプションサービスを導入するメリット

ADVANTAGEと書いた浮き輪

個人で事業を行う上で、「コスト削減」「業務効率化」は永遠のテーマですよね。

サブスクリプションサービスは、これらの課題を解決するための強力なツールとなります。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

サブスクリプションサービスを導入するメリット
経費削減

ソフトウェアやツールを都度購入する必要がなく、月額料金で利用できるため、初期費用を抑えられます。サービスによっては、複数人で利用することで割引が適用される場合もあります。

業務効率化

クラウド上で提供されるサービスが多いため、場所を選ばずに仕事ができます。会計ソフトや請求書作成ツールなど、面倒な作業を自動化できるサービスも豊富です。

最新機能の利用

定期的なアップデートにより、常に最新の機能を利用できます。セキュリティ対策も万全なため、安心して利用できます。

サブスクリプションサービスを選ぶ際の注意点

注意のライン

便利なサブスクリプションサービスですが、導入する際にはいくつかの注意点があります。

料金体系

月額料金だけでなく、年間契約や複数年契約など、さまざまな料金プランがあります。
自分の利用頻度や予算に合わせて、最適なプランを選びましょう。

機能

サービスによって提供される機能が異なります。
自分の業務に必要な機能が揃っているか、事前に確認しましょう。

使いやすさ

操作が複雑なサービスは、かえって業務効率を低下させてしまう可能性があります。
無料体験などを利用して、使い勝手を試してみましょう。

サポート体制

トラブル発生時などに、迅速かつ丁寧に対応してくれるサポート体制が整っているか確認しましょう。
これらの注意点を踏まえて、自分にぴったりのサービスを選びましょう。

【2024年最新版】個人事業主におすすめのサブスクリプションサービス

amazon primeのサブスク画面

クラウド会計ソフト

クラウド会計ソフトを使うべき理由とは?

個人事業主は、毎日の取引を記録し、帳簿を作成し、確定申告を行う必要があります。

これらを手作業で行うのは非常に手間がかかり、ミスも発生しやすいため、本業に集中する時間を奪われてしまいます。

会計ソフトを活用することで、これらの作業を効率化し、正確性を高めることができます。

クラウド会計ソフト導入のメリット

経費管理の自動化

銀行口座やクレジットカードと連携することで、入出金データを自動で取得し、仕訳を行います。レシートや領収書をスマホで撮影するだけで、自動的にデータ化してくれる機能もあります。これにより、経費の入力や管理にかかる時間を大幅に削減できます。

確定申告の効率化

会計ソフトに入力したデータをもとに、確定申告に必要な書類を自動作成してくれます。複雑な計算も自動で行ってくれるため、計算ミスを防ぐことができます。e-Taxとの連携も可能なため、自宅から簡単に確定申告を済ませることができます。

リアルタイムな経営状況の把握

いつでも最新の帳簿や試算表を確認できるため、経営状況をリアルタイムに把握できます。売上や経費の推移を分析することで、経営改善のヒントを得ることができます。

青色申告特別控除の適用

会計ソフトを利用することで、青色申告の要件を満たしやすくなります。青色申告特別控除を活用することで、最大65万円の所得控除を受けることができます。

おすすめのクラウド会計ソフト

スクロールできます
サービス名年額料金(税込)特徴おすすめポイント
freee 会計12,936円~会計・請求書作成・経費精算など、幅広い機能に対応初心者でも使いやすいシンプルなUI
マネーフォワード クラウド確定申告11,800円~銀行口座やクレジットカードと連携可能自動仕訳機能で記帳の手間を軽減
やよいの青色申告11,330円~確定申告に必要な書類作成をサポート税務相談にも対応
おすすめのクラウド会計ソフト

今回ご紹介した「freee 会計」「マネーフォワード クラウド確定申告」「やよいの青色申告 オンライン」は、いずれも個人事業主から高い支持を得ている人気の会計ソフトです。

無料体験などを利用して、実際に使い比べてみることをおすすめします。

オフィスソフト

個人事業主がオフィスソフトを使うべき理由とは?

個人事業主は、企画書や提案書の作成、見積書や請求書の作成、顧客情報やスケジュール管理など、さまざまな業務をこなす必要があります。

これらの業務を効率的に行うためには、オフィスソフトが欠かせません。

Word、Excel、PowerPointなどの定番ソフトはもちろん、クラウドストレージやオンライン会議ツールなど、さまざまな機能が搭載されたオフィスソフトを活用することで、場所を選ばずに仕事ができ、情報共有もスムーズに行えます。

オフィスソフト導入のメリット

資料作成の効率化

豊富なテンプレートや書式を活用することで、資料作成の時間を短縮できます。共同編集機能を使えば、複数人で同時に資料を作成・編集できます。

情報共有の効率化

クラウドストレージにファイルを保存すれば、どこからでもアクセスでき、共有も簡単です。オンライン会議ツールを使えば、遠隔地にいる相手ともスムーズに打ち合わせができます。

業務の自動化

マクロ機能やRPA(Robotic Process Automation)ツールと連携することで、定型的な作業を自動化できます。

セキュリティの強化

クラウド上にデータを保存することで、紛失や盗難のリスクを低減できます。ウイルス対策ソフトや不正アクセス対策など、セキュリティ機能も充実しています。

おすすめのオフィスソフト

スクロールできます
サービス名月額料金(税込)特徴おすすめポイント
Microsoft 365 Business989円/ユーザー~Word、Excel、PowerPointなど、定番のオフィスソフトが利用可能オンラインストレージ OneDriveとの連携が便利
Google Workspace Business748円/ユーザー~Gmail、Google ドキュメント、Google スプレッドシートなど、Googleのサービスが利用可能複数人での同時編集がスムーズ
おすすめのオフィスソフト

業務効率化にはMicrosoft 365 BusinessとGoogle Workspace Businessがおすすめ。

Word、Excelなど定番ソフトを使いたいならMicrosoft 365、Gmailと連携してどこでも作業したいならGoogle Workspace。

無料体験で使い心地を試して、自分にぴったりのオフィスソフトを見つけよう!

その他のサブスクリプションサービス

ストレージサービス

「もう容量不足に悩まない!どこでもファイルにアクセスできるって最高!」

個人事業主にとって、ファイルの保存や共有は必須。ストレージサービスを使えば、パソコンやスマホからいつでもどこでもファイルにアクセスでき、容量不足の心配もありません。おすすめはDropboxGoogle Drive。無料プランから始められるので、気軽に試してみましょう!

コミュニケーションツール

「チームワークを円滑に!コミュニケーションミスを減らして、業務効率アップ!」

個人事業主でも、チームで仕事をする機会は多いはず。コミュニケーションツールを使えば、チャットやビデオ通話でスムーズに情報共有でき、業務効率もアップします。おすすめはSlackChatwork。無料プランでも十分な機能が揃っています。

オンライン会議ツール

「移動時間やコストを削減!場所に縛られずに、どこでも打ち合わせが可能に!」

対面での打ち合わせが難しい状況でも、オンライン会議ツールがあれば安心。移動時間やコストを削減できるだけでなく、画面共有や録画機能など便利な機能も充実しています。おすすめはZoomGoogle Meet。無料プランでも十分な機能が利用できます。

セキュリティソフト

「大切なデータを守り、安心してビジネスを!」

個人事業主にとって、顧客情報や財務情報などのデータは非常に重要。セキュリティソフトを導入することで、ウイルスや不正アクセスから大切なデータを守り、安心してビジネスに集中できます。おすすめはNortonウイルスバスター クラウド。無料体験で使い心地を試してみましょう。

デザインツール

「プロ並みのデザインを簡単に作成!ビジネスを魅力的にアピール!」

チラシやプレゼン資料、SNS投稿など、個人事業主でもデザインが必要な場面は多いもの。デザインツールを使えば、プロ並みのデザインを簡単に作成でき、ビジネスをより魅力的にアピールできます。おすすめはCanvaAdobe Creative Cloud。無料プランでも十分な機能が利用できます。

まとめ|個人事業主こそサブスクを活用しよう!

笑顔で仕事する男性

個人事業主にとって、サブスクリプションサービスはもはや必須のツールと言えるでしょう。

この記事では、個人事業主におすすめのサブスクリプションサービスを幅広くご紹介しました。

会計ソフト、オフィスソフト、ストレージサービス、コミュニケーションツール、オンライン会議ツール、セキュリティソフト、デザインツールなど、さまざまなサービスを活用することで、業務効率化、コスト削減、生産性向上、そしてビジネスの成長を実現できます。

今回ご紹介したサービス以外にも、まだまだたくさんの便利なサブスクリプションサービスが存在します。

ぜひこの記事を参考に、あなたのビジネスに最適なサービスを見つけて、さらなる飛躍を目指してください!

無料体験や無料プランを提供しているサービスも多いので、まずは気軽に試してみて、その効果を実感してみてください。

あなたのビジネスを成功へと導く、頼もしいパートナーとなるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次