【初心者向け】クラウド会計ソフトとは?メリット・デメリットから選び方まで徹底解説

ビジネスウーマン

「領収書の整理、数字の入力…もうウンザリ!」

そんな風に、毎日の会計業務に追われていませんか?

残業続きで疲弊しているあなた、本業に集中したいのに会計作業に時間を取られているあなた。

実は、そんな悩みを解決してくれる魔法のようなツールがあるんです。

それが「クラウド会計ソフト」。

面倒な作業を自動化してくれるだけでなく、場所を選ばずに使えるなど、メリットがたくさん。

この記事では、そんなクラウド会計ソフトの選び方から導入方法まで、わかりやすく解説します。

「クラウド会計ソフトって便利そうだけど、難しそう…」そんな不安も、この記事を読めばスッキリ解消!

あなたにぴったりのクラウド会計ソフトを見つけて、面倒な会計業務から解放されましょう。

目次

クラウド会計ソフトの定義と仕組み

会計チェックを行う男性社員

クラウド会計ソフトとは、インターネット上のサーバーで会計データを管理・処理する会計ソフトのことです。

従来の会計ソフトはパソコンにインストールして利用していましたが、クラウド会計ソフトはインターネット環境があれば、どこからでもアクセスできます。

クラウド会計ソフトは、銀行口座やクレジットカードと連携することで、取引データを自動で取り込み、仕訳を行います。

これにより、手入力の手間を大幅に削減し、会計業務の効率化を実現します。

従来の会計ソフトとの違い

スマホとパソコンのデータ連携イメージ
スクロールできます
特徴従来の会計ソフトクラウド会計ソフト
利用場所インストールしたパソコンのみインターネット環境があればどこでも
データ保存場所インストールしたパソコンのみクラウド上のサーバー
データ共有難しい複数人でリアルタイムに共有可能
バージョンアップ手動でアップデートが必要自動で最新版に更新
費用パッケージ購入費用+年間保守費用月額料金または年額料金
従来の会計ソフトとクラウド会計ソフトとの違い

クラウド会計ソフトのメリット

良いのイメージ
コスト削減

クラウド会計ソフトは、従来の会計ソフトと比べて初期費用が安く、月額料金制または年額料金制で利用できます。また、サーバーの維持管理やバージョンアップにかかる費用も不要なため、長期的にコスト削減につながります。

どこでもアクセス可能

クラウド会計ソフトは、インターネット環境があれば、パソコンやスマートフォン、タブレットなど、さまざまなデバイスからアクセスできます。これにより、外出先や自宅など、場所を選ばずに会計業務を行うことができます。

データ共有

クラウド会計ソフトは、クラウド上のサーバーにデータを保存するため、複数人でリアルタイムにデータを共有できます。これにより、チームでの会計業務がスムーズに進められます。また、税理士や会計士との連携も容易になり、顧問料の削減にもつながります。

セキュリティ

クラウド会計ソフトは、セキュリティ対策が万全なデータセンターでデータを管理しているため、安心して利用できます。また、データのバックアップも自動で行われるため、万が一のトラブル時にもデータが失われる心配がありません。

クラウド会計ソフトのデメリット

インターネット環境必須

クラウド会計ソフトを利用するには、インターネット環境が必須です。インターネットに接続できない環境では、利用できません。

操作性の違い

従来の会計ソフトに慣れている方は、クラウド会計ソフトの操作性に戸惑うかもしれません。しかし、ほとんどのクラウド会計ソフトは、直感的に操作できるインターフェースを採用しているため、すぐに慣れることができます。

データ移行の手間

従来の会計ソフトからクラウド会計ソフトに移行する際には、データ移行の手間がかかります。しかし、多くのクラウド会計ソフトは、データ移行ツールを提供しているため、スムーズに移行できます。

セキュリティリスク

クラウド会計ソフトは、セキュリティ対策が万全なデータセンターでデータを管理していますが、万が一、データセンターにトラブルが発生した場合、データが消失するリスクがあります。しかし、ほとんどのクラウド会計ソフトは、定期的にデータをバックアップしているため、データが消失する可能性は非常に低いです。

クラウド会計ソフトの選び方

インターネットと世界のイメージ

クラウド会計ソフトを選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。

機能で選ぶ

クラウド会計ソフトには、さまざまな機能があります。基本的な会計機能に加えて、請求書の作成や在庫管理、販売管理など、さまざまな機能が搭載されているソフトもあります。必要な機能を洗い出し、自社の業務に合ったソフトを選びましょう。

料金プランで選ぶ

クラウド会計ソフトは、無料プランと有料プランがあります。無料プランは機能が制限されていることが多いですが、有料プランはより多くの機能を利用できます。自社の予算と必要な機能を考慮して、最適なプランを選びましょう。

業種・規模で選ぶ

クラウド会計ソフトには、業種や規模に特化したソフトもあります。自社の業種や規模に合ったソフトを選ぶことで、より効率的に会計業務を進めることができます。

サポート体制で選ぶ

クラウド会計ソフトを初めて利用する方は、サポート体制が充実しているソフトを選びましょう。電話やメール、チャットなどで気軽に質問できるサポート体制があると安心です。

主要クラウド会計ソフト比較

クラウドと基板のイメージ
スクロールできます
ソフト名特徴料金プラン
freee会計個人事業主から中小企業まで幅広く対応。自動仕訳機能や請求書作成機能が充実。スターター、スタンダード、プレミアム(個人事業主)、ミニマム、ベーシック、プロフェッショナル(法人)
マネーフォワード クラウド会計個人事業主から中小企業まで幅広く対応。銀行口座やクレジットカードとの連携機能が充実。パーソナルミニ、パーソナル、パーソナルプラス(個人事業主)、スモールビジネス、ビジネス(法人)
弥生会計 オンライン中小企業向け。会計ソフトの定番「弥生会計」のクラウド版。操作性に優れている。やよいの青色申告オンライン、やよいの白色申告オンライン(個人事業主)セルフプラン、ベーシックプラン(法人)
主要クラウド会計ソフトの比較

クラウド会計ソフトの導入方法

Webサイトのメンテナンス
準備するもの
  • インターネット環境
  • パソコン、スマートフォン、タブレットなどのデバイス
  • クラウド会計ソフトのアカウント
導入手順
  1. クラウド会計ソフトの公式サイトにアクセスし、アカウントを作成する。
  2. 必要な情報を入力し、初期設定を行う。
  3. 銀行口座やクレジットカードを連携する。
  4. 過去の会計データがあれば、インポートする。
注意点
  • クラウド会計ソフトによっては、初期設定やデータ移行に時間がかかる場合があります
  • クラウド会計ソフトのセキュリティ対策を万全にする
    • パスワードの管理を徹底する
    • 二段階認証を設定する
    • 不審なメールやリンクに注意する

まとめ

かもめの飛ぶビーチ

この記事では、クラウド会計ソフトの基礎知識から導入方法、注意点までを詳しく解説しました。

クラウド会計ソフトは、従来の会計ソフトよりもコスト削減、業務効率化、データ共有など、さまざまなメリットがあります。

デメリットもいくつかありますが、それらを理解した上で導入すれば、あなたのビジネスを大きく成長させる強力なツールとなるでしょう。

ぜひこの記事を参考に、最適なクラウド会計ソフトを選んで導入してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次